アパート経営の利益を最大化!帳簿付けで確定申告をスムーズに

アパート経営で利益を上げたいなら、正確な帳簿付けが欠かせません。

しかし、帳簿付けは複雑で、時間のかかる作業でもあります。

この記事では、アパート経営の帳簿付けをスムーズに行うためのポイントを解説します。

また、おすすめの帳簿ソフトや、アパート経営の収支状況についても紹介します。

目次

1. アパート経営の確定申告と帳簿付け

1.1 アパート経営の確定申告の義務

アパート経営で得られる家賃収入は、不動産所得に分類されます。不動産所得が年間20万円を超えた場合は、確定申告が必要となります。

確定申告とは、毎年12月31日までの1年間の所得や損失を税務署に申告する手続きです。確定申告をすることで、納税額が計算されます。

アパート経営で確定申告が必要となる主なケースは以下の通りです。

  • サラリーマン大家としてアパート経営を行っている
  • 専業大家としてアパート経営を行っている
  • 相続でアパートを取得し、家賃収入を得ている
  • アパートを貸し出すために、個人でアパートを購入した

確定申告は、毎年3月15日までの期限内に済ませる必要があります。

1.2 帳簿付けの重要性

確定申告をするためには、帳簿をつけることが重要です。帳簿には、収入と支出を正確に記録する必要があります。

帳簿付けをすることで、以下のメリットがあります。

  • 確定申告がスムーズになる
  • 節税対策ができる
  • 経営状況を把握できる

アパート経営の場合は、複式簿記で帳簿をつけることをおすすめします。複式簿記は、収入と支出を勘定ごとに記録する簿記方法です。

複式簿記は、一見複雑そうに見えますが、慣れれば比較的簡単に記帳することができます。近年では、複式簿記を簡単に導入できるクラウド会計ソフトもたくさんリリースされています。

1.3 青色申告と白色申告

確定申告には、青色申告白色申告の2種類があります。

青色申告は、帳簿付けをすることで、所得控除や青色申告特別控除などの優遇措置を受けることができる申告方法です。

白色申告は、帳簿付けをしなくても申告できる申告方法ですが、青色申告と比べて控除を受けられる範囲が狭くなります。

アパート経営の場合は、青色申告をすることで、節税対策ができるため、青色申告をおすすめします。

2. アパート経営の帳簿付けのポイント

2.1 複式簿記の導入

アパート経営の帳簿付けには、複式簿記の導入がおすすめです。複式簿記は、収入と支出を勘定科目ごとに記録する簿記方法です。

複式簿記のメリットは以下の通りです。

  • 正確な損益計算ができる
  • 節税対策がしやすくなる
  • 経理状況を把握しやすい

複式簿記の具体的な導入方法は以下の通りです。

  1. 勘定科目を決める
    • 資産:土地、建物、設備、現金、預金など
    • 負債:借入金、未払金など
    • 純資産:資本金、利益剰余金など
    • 収益:家賃収入、雑収入など
    • 費用:修繕費、固定資産税、ローン金利、空室損など
  2. 取引ごとに伝票を作成する
    • 伝票には、取引日、取引内容、金額などを記入する
  3. 総勘定元帳に記帳する
    • 総勘定元帳は、すべての勘定科目の残高を記録する帳簿
  4. 試算表を作成する
    • 試算表は、損益計算や貸借対照表を作成するための帳簿

近年では、複式簿記を簡単に導入できるクラウド会計ソフトもたくさんリリースされています。クラウド会計ソフトは、インターネット上で利用できる会計ソフトです。

2.2 収入と支出の正確な記録

帳簿付けで最も重要なのは、収入と支出を正確に記録することです。

収入には、家賃収入や雑収入などが含まれます。支出には、修繕費や固定資産税、ローン金利などの費用が含まれます。

収入と支出を記録する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 取引日
  • 取引内容
  • 金額
  • 領収書

領収書は、収入と支出を証明する重要な書類です。必ずもらって、きちんと保管しておきましょう。

2.3 領収書の整理と保管

領収書は、種類ごとに整理し、安全な場所に保管しておきましょう。

領収書の整理方法としては、以下のような方法があります。

  • 日付順に整理する
  • 科目別に整理する
  • 金額順に整理する

領収書の保管場所は、湿気や直射日光を避けられる場所を選びましょう。ファイルやクリアファイルに入れて保管しておくと、整理しやすくなります。

2.4 定期的な記帳

帳簿付けは、定期的に行うことが大切です。

アパート経営の場合は、毎月1回少なくとも年間2回は記帳することをおすすめします。

定期的に記帳することで、帳簿付けの漏れを防ぎ、正確な経理状況を把握することができます。

3. おすすめの帳簿ソフト

アパート経営の帳簿付けを効率化したい場合は、帳簿ソフトの利用がおすすめです。帳簿ソフトを使うことで、以下のメリットがあります。

  • 記帳の手間が大幅に削減できる
  • ミスを防ぐことができる
  • 確定申告が楽になる

近年では、クラウド会計ソフトと呼ばれる、インターネット上で利用できる帳簿ソフトが人気です。クラウド会計ソフトは、インストール不要で、どこでもアクセスできるというメリットがあります。また、複数人で同時に利用できるというメリットもあります。

アパート経営の場合は、家賃収入や経費を管理するだけでなく、家計簿としても利用できるクラウド会計ソフトを選ぶと便利です。

ここでは、アパート経営におすすめのクラウド会計ソフトを3つご紹介します。

3.1 クラウド会計ソフト

クラウド会計ソフトは、インターネット上で利用できる帳簿ソフトです。インストール不要で、どこでもアクセスできるというメリットがあります。また、複数人で同時に利用できるというメリットもあります。

アパート経営の場合は、家賃収入や経費を管理するだけでなく、家計簿としても利用できるクラウド会計ソフトを選ぶと便利です。

3.2 弥生会計 オンライン

弥生会計 オンラインは、日本国内で最もシェアの高いクラウド会計ソフトです。豊富な機能と使いやすさで、初心者にもおすすめです。

弥生会計 オンラインには、以下の機能があります。

  • 家賃収入や経費の自動取り込み
  • 青色申告書の作成
  • 税務申告書の作成
  • 家計簿機能
  • 不動産所得管理機能

弥生会計 オンラインの料金プランは以下の通りです。

  • ベーシックプラン:月額980円
  • スタンダードプラン:月額1,980円
  • プレミアムプラン:月額2,980円

3.3 マネーフォワード クラウド確定申告

マネーフォワード クラウド確定申告は、家計簿アプリ「マネーフォワード ME」と連携できるクラウド会計ソフトです。家計簿のデータと連携することで、簡単に記帳することができます。

マネーフォワード クラウド確定申告には、以下の機能があります。

  • 家賃収入や経費の自動取り込み
  • 青色申告書の作成
  • 税務申告書の作成
  • 家計簿機能
  • マネーフォワード MEとの連携
  • 不動産所得管理機能

マネーフォワード クラウド確定申告の料金プランは以下の通りです。

  • フリープラン:無料
  • 確定申告プラン:年間9,800円
  • 青色申告プラン:年間19,800円

4. アパート経営の収支状況:利益を最大化する詳細ガイド

アパート経営は、安定的な収入源として魅力的な事業ですが、収益性を高めるためには、収入と支出をしっかりと把握し、収支状況を分析することが重要です。

この章では、アパート経営の収支状況について、以下の3つのポイントを詳しく解説します。

4.1 アパート経営の平均収入

アパート経営の収入は、主に家賃収入その他の収入に分類されます。

家賃収入

  • 入居率:入居率が低いほど、家賃収入は減少します。
  • 家賃相場:家賃相場が高い地域ほど、家賃収入は高くなります。
  • 物件の種類:ワンルームマンションよりも、ファミリー向けマンションの方が家賃収入は高くなります。

その他の収入

  • 礼金:入居時に徴収する礼金は、収入となります。
  • 敷金:入居時に徴収する敷金は、退去時に返金する必要があるため、収入には計上されません。
  • 共益費:入居者から徴収する共益費は、収入となります。

4.2 アパート経営の平均経費

アパート経営の経費は、大きく固定費変動費に分類されます。

固定費

  • ローン返済金:アパートローンを組んでいる場合、返済金は固定費となります。
  • 固定資産税:毎年6月に支払う固定資産税は、固定費となります。
  • 管理費:管理会社に委託している場合の管理費は、固定費となります。

変動費

  • 修繕費:建物の修繕費は、変動費となります。
  • 空室対策費:空室が発生した場合の広告費やリフォーム費などは、変動費となります。
  • 光熱費:共用部分の光熱費は、変動費となります。

4.3 アパート経営の収益率

アパート経営の収益性を判断する指標として、収益率が重要です。収益率は、以下の式で算出することができます。

収益率 = (年間純利益 ÷ 物件価格) × 100

年間純利益は、家賃収入から経費を差し引いたものです。物件価格は、土地代や建物代などの購入費用を合計したものです。

一般的に、アパート経営の収益率が**8%~10%**であれば、良好な経営と言われています。

5. まとめ:アパート経営を成功に導くための羅針盤

アパート経営は、安定的な収入源として魅力的な事業ですが、成功ためには、様々な知識とノウハウが必要です。

このガイドでは、アパート経営の基礎知識から、確定申告、帳簿付け、収支状況の分析、経営改善策まで、幅広いトピックを網羅的に解説しました。

アパート経営を成功させるためのポイント

  • 正しい知識を身につける: アパート経営に関する法律や税務、会計などの知識をしっかりと身につけることが重要です。
  • 計画的に経営する: 物件選びから資金調達、運営管理まで、計画的に経営することが重要です。
  • 帳簿付けをしっかり行う: 確定申告や経営分析のために、正確な帳簿付けを行いましょう。
  • 節税対策を講じる: 青色申告や各種控除制度などを活用して、節税対策を講
  • 収益性を高める: 入居率アップ、経費削減、家賃改定などを行い、収益性を高め
  • リスクを管理する: 空室リスク、災害リスク、法改正リスクなど、様々なリスクを
  • 専門家のサポートを活用する: 税理士、弁護士、不動産コンサルタントなどの専門家のサポートを

アパート経営は、決して簡単ではありません。しかし、正しい知識と努力を積み重ねることで、成功を収めることは可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次