不動産賃貸業(不動産投資)の定款目的のポイントを解説

不動産賃貸業(不動産投資)で法人を設立する際に、定款の目的の書き方でお困りの方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、不動産賃貸業と定款の目的について説明します。

目次

不動産賃貸業(不動産投資)の法人に必要な目的の要素

不動産賃貸業を営むためには、法的な基盤が必要です。

特に法人を設立する際には、必ず定款という会社のルールブックのようなものを作成しますが、そこには事業目的や業務内容が明記され、公証役場に届け出たり、法務局に登記したりする必要があります。

この目的は、いずれ登記謄本(履歴事項全部証明書など)に記載され、取引先や金融機関に提出する際に参照されることになりますので、対外的信用に関わる要素として、たいへん重要です。

不動産賃貸業(不動産投資)の定款目的の役割

定款の目的は、会社の事業活動を明確にし、経営を透明化することです。

定款に記載された事業目的は、会社の業務範囲を示し、その範囲内での活動を適切に行うための基準となります。

不動産賃貸業の定款目的の重要なポイントを理解するためには、定款に記載される事項と必要な許可や免許に注目する必要があります。

不動産投資の法人の定款目的の記載事項

定款には、不動産賃貸業を行う目的が記載されます。

具体的には、不動産賃貸業の業務範囲や業務内容、提供するサービスなどが述べられることが一般的です。

また、定款には事業目的の具体性が求められ、曖昧な表現や広範な業務範囲だけでは認められない場合があります。

しかし一方で、あまりにも細かく具体的過ぎても全体像の把握が難しくなり、あまり適切でない場合もあるでしょう。

不動産賃貸業の定款目的の具体性の確保

繰り返しになりますが、定款の事業目的は具体的であることが重要です。

曖昧な表現や抽象的な記載は避け、具体的な業務内容を明確に示すことを心がけたいですが、具体的過ぎても逆に全体像の把握が難しかったり、あるいは絞り過ぎて自身の業務が範囲から外れたりすることもあるかもしれません。

例えば、「不動産賃貸業におけるアパートメントの運営および管理」のように具体的な事業内容を記載することで、定款の信頼性が高まりますが、これはいささかやりすぎかもしれません。

なぜなら、「戸建てを購入して賃貸する」場合には範囲外となってしまうためです。

一方で、「不動産業」のような表現は、抽象度が高すぎると言えそうです。

絞り過ぎると足かせになりますし、抽象的過ぎるとあいまいな表現になってしまいます。

不動産賃貸業の定款の事業目的の広さと狭さ

事業目的の範囲は広すぎず、狭すぎないバランスが重要です。

過剰な範囲を記載すると、免許や許可の取得が難しくなる可能性があります。

一方、極端に狭い範囲だと将来の事業展開に制約が生じる場合があります。事業目的の範囲を適切に設定し、柔軟性を持たせることがポイントです。

不動産賃貸業の定款目的の内容についてまとめると、法人設立時に不動産業を行う目的を具体的に示すことが必要です。

定款には事業目的を明確に記載し、「不動産賃貸業」に関連する業務や取引を含む必要があります。

具体性を重視し、宅地建物取引業以外の不動産関連業務も記載することで、免許申請や登記手続きがスムーズに進むでしょう。

定款は会社の憲法であり、事業運営や組織構成を規定する重要な文書であるため、正確かつ具体的に記載することが求められます。

判断に迷ったら、当社でも相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

あわせて読みたい
会計ドットコムホームページ 会計ドットコムホームページ 当社では、大家さんの黒字経営と資産拡大をサポートしています。 経験と実績に基づき、再現性の高いアドバイスをいたします。 記帳から丸投...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次